JB502CBI / JB502MBI

【設計コンセプト】

・ゴルフ史上歴代及び今後も含めて、

 性能及び機能での究極の軟鉄鍛造ヘッドを創る。

・完全プロユースでありながら、アマチュアでも十分使いこなせる

 やさしさを保持する。

・抜けの良さ、飛距離、打感、方向性、スピン、操作性の

 すべてを高次元で融合させる。

・ツアーの現場及びアマチュアの1シーズンにおいて、

 弾道微調整をヘッド装着のまま可能にする。

・究極の製造工程を経て、究極の製造精度を目指す。

・名器と評価され、モデルチェンジのない

 10年以上のロングセールスを目指す。

・洗練されたJBらしい機能美的デザインで

 世界一のデザインと評される様なヘッドを目指す。



【性能面の究極ポイント】

・軟鉄鍛造品のノーマルロフト設計での最高の飛距離性能。

・軟鉄鍛造ヘッドとして、コントロー性を含むプロユースであること。

・砲台グリーンやコンパクションの高いグリーンでも

 しっかり止められるスピン性能を有する。

・高さと強弾道の両立。高さがありながら、

 アゲインストや左右の風に流されにくい。

・STD品でセミフラットフェース(10μ前後)の平面制度を有する。

・ナノフラットフェースもご用意。

・プロユースでありながら、優しい抜けの良いソール形状の効果で

 アベレージゴルファーでも使用可能。

・必然的にハンドファーストのダウンブローのインパクトの

 会得につながるソール形状。

・独自のホール設計キャビティ設計により、

 マッスルに見えながらも広いスイートスポットを有する。



【究極の製造工程】

・日本国内産のS20Cにて、オリジナルの金型から鍛造にてヘッド成形。

・鍛造後のヘッドは、通常、研磨作業でだけで終わるが、

 さらに日本製の超高精度ミルドマシンによりネック周りを残し、

 CNCミルドにて高精度に削り出し。

・CNCミルド後のヘッドを世界一の新潟の研磨師によって、

 顔出し研磨と重量の微調整研磨。

・独自にR&Aにスコアライン彫刻の申請を済ませている

 国内有数の彫刻師によりスコアライン彫刻。

・国内最高レベルのメッキ工場にて、できるだけ誤差の少ない

 1層の20μ硬質Crメッキを施します。

・3箇所のホールキャビティ内に重心、重量の可変な

 4種のウエイトを調合して装着。



・フェースの仕様は2種類

セミフラットフェース(スタンダードフェース)

10ミクロン前後の平面精度ナノフラットフェース(平面加工フェース) 

硬質クロム、ノーメッキ、無電解Niセラミック複合からお選びいただけます。
販売価格
41,040円(税3,040円)
購入数